沖縄バスケットの歴史に残る日に感じたとてつもない可能性




2019年8月3日、4日

沖縄県内、民間では初となるバスケットのクラブチームを立ち上げたArk代表岸本行央さん主催の大会へ行ってきました。

 

第1回沖縄製粉カップ

縁あって岸本さんとは家族ぐるみで付き合いがあるのですが、

クラブチームを立ち上げ、ここまで来るまでのスピード感。

バスケへの愛、子供たちへの伝え方、付き合い方、親御さんへの感謝と対応。

勢いだけではなく、全てにおいて尽くしてる姿に胸を打たれます。

 

新しいことを始めるということは、必ず大きな壁があると思うんです。

彼を近くで見て、どんな人間なのかを知っている僕は、どんな形であれ、できる限りを尽くして応援したいと思います。

 

彼と出会うまでバスケは全然興味もなかったんですけど…笑

今日初めて目の前でプレーを観戦してると

最後の1秒、いやコンマ何秒で何が起こるかわからない、こんなにもワクワクするスポーツだったなんて…

 

通りすがり
惚れてまうやろ

 

この記念すべき

【第1回】沖縄製粉カップに協賛企業として微力ながら協力できたことを、心底嬉しく思います。

 

沖縄バスケがこれからものすごい勢いで成長し、注目されるであろう、僕の中で歴史に残る一日でした。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1985年・沖縄生まれ沖縄育ち 18歳から理容の業界へ入り、 2017年 那覇・新都心に美容室と理容室の複合店 hair&spa KO を開業 その後店舗を譲渡 2020年12月 Time Hills barber shopオープン。