理容師の独立について




Vol 4

昨日インスタのストーリーにて、こんなことを

snsスクリーンショット

これは、ふと、感じただけで誰がどうとかってことではないです。備忘録として。

独立するとき、誰でも不安があるのはわかりますし少しでも今来てくださるお客様が独立後足を運んでくださると助かるとかも重々承知なのですが。

 

ゼロから挑戦したい

という気概を感じない。あくまでもぼく個人の価値観ですが、そもそも独立というのはそういうことなんじゃないか…と思ってしまう。

ゼロから立ち上げることで、失敗しても成長につながるはずなので。

んまぁぼくはまだ一人ですが、今後のためにこの辺はしっかりと考えを吐き出させてもらいました。

それではよい一日を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1985年・沖縄生まれ沖縄育ち 18歳から理容の業界へ入り、 2017年 那覇・新都心に美容室と理容室の複合店 hair&spa KO を開業 その後店舗を譲渡 2020年12月 Time Hills barber shopオープン。