感覚と服と髪と




「…なんか違うかな」というような感覚。

現状でも別になんてことはないけど、「変えたほうがより良き」みたいな感覚。

普段からこういった感覚には敏感であったほうがいいと思ってまして、たとえばヘアスタイルだと、

20代まで好きでずっとやってた髪型も、30代になると急に若すぎるように感じたりってありませんか?

服装にしてもそうで、自分の心境や感覚に敏感であればあるほど今の自分により似合うモノを選ぶことができるのではないでしょうか。

 

服、ヘアスタイル、今の心境がうまく合致したときに、感じたことのない満足感のような領域があるのかなぁなどと考えております。

そういった意味では、お客様の服装に合ったヘアスタイルを提案できているかというのは大きな課題でもあって、また、その時の心境などをうまく感じとるのも大事な要素となってきますね。

 

メンズパーマヘア

流行りなどにとらわれない、自分なりの感覚を大事にしていきたいものですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1985年・沖縄生まれ沖縄育ち 18歳から理容の業界へ入り、 2017年 那覇・新都心に美容室と理容室の複合店 hair&spa KO を開業 その後店舗を譲渡 2020年12月 Time Hills barber shopオープン。