あえて一年の節目を考えない




これだけたくさんの人気サロンがある中で、他と違うことを探すのは難しく、
んじゃ自分は何ができるんだろうか…と考えてみたんです。

それが「正月営業」

フルタイムではないですが独立してから4年ほどずっとやっています。

他が開いてなければ需要は必ずあるのでは?その中で認知度に少しでも影響してくれればいいなー。
という考えから始まったものの、やってみると普段来ていただいてるお客様がいつも通りに来ていただいている感じですね。

うーむ、まだまだですなぁ。

とはいえ、妻の協力があってこそできるのでそこに関しては感謝しかありません。

 

ただ淡々と

特別休暇みたいな考えではなく、年中通していつも通りに淡々と…

まぁ普段から連休を取り、家族であっちこっち出かけているのでそういったことも普通になっているというのもあるかもしれませんが。

「一年の節目」という意味では、区切りをつけ、また来年に新たな気持ちで臨むというのも好きなんですが。
あえて節目というのを考えず、ただ淡々と…
気づけば10年経っていたね。
という考えもまたいいのかなーなんて考えている今日です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1985年・沖縄生まれ沖縄育ち 18歳から理容の業界へ入り、 2017年 那覇・新都心に美容室と理容室の複合店 hair&spa KO を開業 その後店舗を譲渡 2020年12月 Time Hills barber shopオープン。