あ、「すでに満たされてるんだな」と感じた瞬間




子供たちを迎えて、夕飯を家族みんなで食べて、
お風呂入って、絵本読んで、
夕飯作ると妻に味付け直されたり。
日曜日に公園行った帰りに昼からお風呂で騒いだり…

ぜ〜んぶふつうの事なんだけど
その「ふつうの事」ができなかった。

 

うちのサロンを日曜日定休日にしたのも、18時に帰れる日を作ったのも

「ふつうの事を叶えるため」

たったこれだけで家族のぽっかり空いた穴が塞がった。
正解とかないと思うけど、
妻の'母としての日曜日の苦悩'は
だいぶ変わったと思う。

「日曜日が楽しみになった♪」

と言ってくれた妻の一言で、僕も救われた。
そしていくら積まれても換え難い価値がそこにある事を知った。
子供たちが親を求める時期は限られていて
なんなら妻が元気で若いのも、僕が元気で若いのも今しかない。
明日は今日よりも老けてる。

いつまで、キスをしたり裸で抱き合ったりするのか想像もつかない。
だからこそ、今はとにかく妻と子供と長い時間いたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1985年・沖縄生まれ沖縄育ち 18歳から理容の業界へ入り、 2017年 那覇・新都心に美容室と理容室の複合店 hair&spa KO を開業 店舗をスタッフにまかせ barberブースを移転。 2020年12月にTime Hills barber shopをオープン予定