「ホンモノ」とは…




これが本物のフェードスタイルー!とか、これがホンモノの〇〇スタイルー!とか…

ホンモノってなんだろ?

とりあえずググってみたところ

にせ物や見かけばかりの物ではない、本当の物。

と。

「本当の物」ってヘアスタイルでいえば、そのスタイルを作った人のことを指すのかな?という認識が近いでしょうか。

それを定義とすれば、ほぼほぼみんな「ニセモノ」になってしまう。

作った人が、「あなたにホンモノの称号を与えます」というハンコをもらって初めてホンモノを名乗れるのかもしれない。

 

物だとわかりやすいんですがね。

たとえば高級ブランドのルイヴィトンとか。

 

技術は正解や正しさが無限であり、「ホンモノ」と定義することは難しいと思うんですよね…

料理もそう。

高級鮨屋さんがホンモノで回転寿司はニセモノだろうか?

というお話になってきます。

 

何が言いたいかというと、理容師の世界でいえばホンモノってのはお客様が感じていればそれで良い。

同業や他人が「あいつの技術は偽物だ」と言ったところで、その人の技術が好きでホンモノだと感じてるお客様がいるわけで。

 

難しいですよね。

つまるところ、「真剣に仕事に向き合っている人」そのものをホンモノと定義するのが一番しっくりくるかなーと。

 

というただの疑問でした。笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1985年・沖縄生まれ沖縄育ち 18歳から理容の業界へ入り、 2017年 那覇・新都心に美容室と理容室の複合店 hair&spa KO を開業 その後店舗を譲渡 2020年12月 Time Hills barber shopオープン。