お客様と無理に話さない




新人の頃、お客様との会話で悩んだときがあって、当時の先輩に相談したことがありまして。

何かをほめてみたらいいんじゃない?

というアドバイスを受け、その日早速
「その靴カッコいいですね〜」
と伝えてみたわけです。

すると、

え??これ?2000円のもので、そんないいものじゃないんだけど…

となり、一瞬で自爆してしまったんです…
んまぁ人は失敗しなきゃ成功もないと言いますが、
これはほんとに自分のコミュ力の低さというかレベルの低さに肩を落としました。

それから、ぼくなりの答えというか、
「不快感を与えるくらいなら無理して話さない」
という決め事を。

そもそも髪を切るために来店しているわけであって、会話で失敗されると次もないといいますか。
関係性が構築されるまでは余計なことは言わないほうがお客様にとっていいなと。

ちなみにあれから10数年、その時のお客様は今でも来ていただいており、感謝感激です。。

それじゃまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1985年・沖縄生まれ沖縄育ち 18歳から理容の業界へ入り、 2017年 那覇・新都心に美容室と理容室の複合店 hair&spa KO を開業 その後店舗を譲渡 2020年12月 Time Hills barber shopオープン。