空前のBARBERブームで、大切なことを忘れてしまってないだろうか




BARBERと理容室ってなにが違うの??

 

と以前友人に聞かれたことを思い出したのですが、
まぁ、

理容室をただ英語にしただけですよと。笑
カッコいいですよね。

もう一度言います。
理容室です。

近年、空前のBARBERブームで若くで独立する理容師さんも増えてきましたよね。
これはこれでとてもいい傾向だなぁと。

その中でも、大事なことっていくつかあって、
個人的にはやはり接客と技術のバランスだと思ってます。

 

すべては経験値

 

技術も接客もすべては経験値。

フェードを極めてさっさと独立する。フェードさえできれば良い

みたいな発言を耳にしたことがあって、
うーん、なんだかなぁ。
などと感じてしまって。
んまぁ自由なのでいいと思いますが…

ぼくらの仕事はお客様ファーストであり、接客と技術力、そこに経験値が必要なのではないか?という持論。

 

撮ることが目的化してないか

インスタに投稿するための撮影で、次のお客様をお待たせしていたりなど
「撮って載せて映える」ことが目的化してしまっている話とか聞くと
「オイオイ…」

と。

主役を勘違いしてないか

 

 
自分が目立つことばかりに気を取られ、
お客様ファーストということを忘れてしまってないだろうか。

できるだけお待たせしない、その場合お声かけする、身なり、ニオイ、店内美化などに気を配るなど。
基本的なことを大事に、自戒をこめて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1985年・沖縄生まれ沖縄育ち 18歳から理容の業界へ入り、 2017年 那覇・新都心に美容室と理容室の複合店 hair&spa KO を開業 その後店舗を譲渡 2020年12月 Time Hills barber shopオープン。