ネット予約をやめてみて思うこと




現在のところ、koとしてはネット予約を取り入れてるんですが、僕個人は取れないように設定しています。

たしかに24時間ネットでいつでも空き状況を知ることができ、予約が取れるというのはお客様からしてもサロン側からしてもメリットしかない。

ただ僕は縛られてる感がすごく合わなくてやめちゃいました。

 

沖縄の理容室はまだまだアナログが多い

個人的にはやっぱりネットで予約が取れるというのはすごくいいことだとは思いつつも、アナログで困ってないというのは理容室の強みだと感じてます。

たぶんこれって、'男だから'だと思うんですよね。いちいち登録しなきゃいけないし、電話でパパッとやったほうが早い。そう感じてるお客様もすごく多い。

ここまでネットが普及しているにも関わらず、アナログで困ってないってめちゃくちゃすごいことだと思うし、たぶん今後も必要無い。

個人的には、逆に今後ネット予約のシステムからアナログに変えてくるサロンも出てくるんじゃないかと思ってます。

世の中便利になりすぎて、それすらもめんどくさくなっていくんだろうなと。

 

 

一番楽で手っ取り早い方法にシフトしたほうがいい

一番楽で手っ取り早い方法…これネット予約だと思いがちですが、それよりも面倒な手間がなく、お互いに良い方法があるんですよね。

それは、「次回の予約もとっておく」

これこそ最強。

誰の時間も奪うことなく、一切手間がかからない。メニューも明確。変更があればLINEとかで済ませばいいわけでして。

たぶんこっちが普及していけばネット予約のシステムとか不要になる。

消えて無くなることはないと思いますが。

 

そう考えると、理容室って時代の流れ受けにくい部分もありますよね。

あとは働き方くらいですかね…

次はそれについて書いてみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1985年・沖縄生まれ沖縄育ち 18歳から理容の業界へ入り、 2017年 那覇・新都心に美容室と理容室の複合店 hair&spa KO を開業 店舗をスタッフにまかせ barberブースを移転。 2020年12月にTime Hills barber shopをオープン予定