親としての責任とは




何が何でも子どもが自立するまでは生きる

親としての責任ってなんだろうか。
と考えた時に、僕はまっさきに思い浮かぶのは、自分が生きること。
人間、死ぬ確率は100%です。
子どもが自立できるまではせめて生きていたい。
いずれ死ぬとわかっているなら、できることは限られている。
それは
「危険をできるだけ減らすこと」
「健康に配慮すること」

(例えば僕はバイクに乗ることをやめたことによって、事故で死ぬ確率は減った)

そんなこと?って思うかもしれませんが、僕はすごく重要視してます。
ケガしても死んでも身近な家族に迷惑がかかる。

子どもがいると自然と思うんですよね。
今は死ねないなって。
自立するまで生きるのは親としての使命。
もちろんなにがあるかはわからないし、いつ死ぬかわからない。だからこそできるだけ死なないように。と

子どもが体調をこわしたときの病院、習い事、家事など、今までの常識や風潮にとらわれず、自分ごととして当たり前に。
これは母親は強く感じると思いますが、母親だけがやることじゃなく、自分ゴトとしてフットワークを軽くしていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1985年・沖縄生まれ沖縄育ち 18歳から理容の業界へ入り、 2017年 那覇・新都心に美容室と理容室の複合店 hair&spa KO を開業 その後店舗を譲渡 2020年12月 Time Hills barber shopオープン。