理容師やってて歳を重ねたときの想定を




今年36歳となり、いよいよ40歳が見えてきました。

この先理容師として、50.60歳と歳をかさねていっとき、いったいどういう生活を送っているだろう…

ふと、そんなこと考えたりしませんか?

独立する前とか、独立してから数年は勢いがあるのでたぶんあまり考えないかもしれませんがね。

ふとね、ふと、人間ってまじで歳取るんだなーと思うんですよ。そんときに、このままでいいのだろうか?って問いが浮上してきて。

いろんな考えがありますよね。

ある人は、拡大してハサミを置き経営に専念するために戦略をねっていたり

ある人はずっとプレイヤーでいることを決めていたり。

ぼくは今のところプレイヤーとしてお客様に携わっていたいという気持ちですが。

なぜこのような話をするかといいますと。

ひとりでやるならいいんですよ、どんなでも。
ただ、スタッフを雇用するとなった場合、誰だって長く勤めて欲しいと思いますよね。
ぼくもそうです。

でも実力ある人が30年、40年と長く勤めてもらうということは、もちろんありがたいのですが、
その先にあるのは「拡大」しかないのかなぁと。

教育サロンの場合、スタッフの新陳代謝、つまり独立で去るものと新しく入るものの入れ替えは必要不可欠だと思うのです。

そのため、サロンの繁栄の先で、自分自身が歳を重ねた時、いったい何を?どんな価値を提供できている?
という問いは若いうちから持っておいたほうがいいかもしれないですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1985年・沖縄生まれ沖縄育ち 18歳から理容の業界へ入り、 2017年 那覇・新都心に美容室と理容室の複合店 hair&spa KO を開業 その後店舗を譲渡 2020年12月 Time Hills barber shopオープン。