ヘアサロンにおける違和感の重要性




サロンで最もたいせつなのは、

「違和感がないこと」

だと思っている。

そのハコや、サロンの雰囲気に対して働くヒトや話し方、接し方に「違和感がない」というのが重要だ。

 

たとえば最近よく目にする「かっこいいbarberショップ」にぼくがいたら違和感しかないのだ。

タトゥーが入ったゴリゴリのスタッフ陣の中に、徳元将希が存在するというのはまさに水と油である。カラテカの矢部さんがプロレスのリングにいるくらい違和感だ。

いろんな「理容」があっていい。

かっこよさというのは他人や文化に左右されるものではなく、自身で勝手に決めていいし、決めるものだと認識している。

目で見てかっこいいなと感じたことは、必ずしも自分自身に合うわけではない。俯瞰的にみて違和感をなくしていくことが必要かなと。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1985年・沖縄生まれ沖縄育ち 18歳から理容の業界へ入り、 2017年 那覇・新都心に美容室と理容室の複合店 hair&spa KO を開業 店舗をスタッフにまかせ barberブースを移転。 2020年12月にTime Hills barber shopをオープン予定