他人にどう思われようが、自信もってやればいい




僕はあまり気にしないようにしてるんですが、他人にどう思われようがどうでもいいなと思う。

自分のやってきたことに自信をもってるし、周りの目を気にして生きるのは楽しくないですからね。

 

信用できるやつ、安心できるやつでありたい

例えば僕が普段から文句ばかり言ってる奴だったら、、信用度0%だと思うんですね。

きっと今のお店も出せてないし、妻とも出合えてない、友達にも信用されないただのクソ理容師だったと思う。

「信用や安心」は今日 明日で簡単につくれるものではなく、普段からの小さなことの積み重ね。

小さな積み重ねがあれば、誰に何を言われても、どう思われても、自分を理解してくれるわずか数人が側にいればそれでいいし、その人たちにとって、かけがえのない存在であればいい。

 

逆にその身近な人が不安なとき、支えが必要なときに、支えることができるやつでありたい。

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1985年・沖縄生まれ沖縄育ち 18歳から理容の業界へ入り、 2017年 那覇・新都心に美容室と理容室の複合店 hair&spa KO を開業 店舗をスタッフにまかせ barberブースを移転。 2020年12月にTime Hills barber shopをオープン予定