昭和の役場のとんでもない手違い




僕の父親は昭和28年に生まれ、4月で66歳を迎えた。

名前は将秀と書いて、ショウシュウ

だったはずである。

というのも、僕は父親の名前をずっとマサヒデだと聞いている。

そして昭和27年生と聞いているのだ。

しかし父親の周りはみんなショウシュウと呼び、父親の周りはみんな28年生である。

そう。どうやら役場の手違いらしいのだ。笑

いやこんなんありえるんですか?笑

しかも笑えるのが27年生で戸籍が登録されているということは、成人式も一つ上の先輩の式に出席することになり、その翌年は同級生と2回目の成人式に参加するというハメに。

昔はこんなの多かったらしいけど、今じゃありえないですよね。笑

父の戸籍がショウシュウでちゃんと登録されていたとしたら、僕の名前はショウキになっていたに違いない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1985年・沖縄生まれ沖縄育ち 18歳から理容の業界へ入り、 2017年 那覇・新都心に美容室と理容室の複合店 hair&spa KO を開業 店舗をスタッフにまかせ barberブースを移転。 2020年12月にTime Hills barber shopをオープン予定