教える側ができること




専門学校を卒業し、サロンで働くことになって1番考えるべきことは、

「スタイリストになる」

まずはこれだけでいいと思うんですよね。

 

とにかく切れるようになること。

 

そしてぼくが教える側になったとき、「このような失敗をした」という失敗談を語ることでぼくだけでなく、これから時代を作っていく若い子たちも同じ失敗をしなくて済む。

技術に関しては、ぼくだけでが正解ではないよと。視野をひろくもって外部をたくさん取り込んで作り上げていきたいなぁと。

そこに関しての投資は惜しまず取り組んでいきたいものです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1985年・沖縄生まれ沖縄育ち 18歳から理容の業界へ入り、 2017年 那覇・新都心に美容室と理容室の複合店 hair&spa KO を開業 その後店舗を譲渡 2020年12月 Time Hills barber shopオープン。