教えてもらう前に「やってみる」




見習いのとき、どうやって自分自身がやってきたのか思い出してみると…

先輩がやっているのをみて、見よう見まねでまずやってみる。

技術ってほんと不思議で、頭の中ではわかっててもイメージ通りにならないんですよ…

ホームラン打つイメージはできるのに打てないみたいな感じ…

やってみて初めて難しさがわかる。

んでも、これでいいんですよね。

 

やる前とやった後で感じることが全然違う。最初から先輩に教えてもらいながらやるってのもいいんだけど、まずは自分でやってみる。

すると、質問の「質」が良くなる。

無駄な質問ではなく、ピンポイントで、重要部分を自分で理解した上での質問になる。

 

なんでもそうだと思う。すぐ答えを聞かない。

自分で探ってみる。やってみる。失敗してみる。

失敗しなければ、質なんて良くならない。

 

と、思いませんかねぇ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1985年・沖縄生まれ沖縄育ち 18歳から理容の業界へ入り、 2017年 那覇・新都心に美容室と理容室の複合店 hair&spa KO を開業 その後店舗を譲渡 2020年12月 Time Hills barber shopオープン。