誰かが目にする文章は、読み手の気持ちを考える

book




ブログだけじゃなくて、FacebookやInstagramでもそうですが、ただつらつらと文字を並べているだけだと、途中で人差し指が見たこともない速さで高速スクロール。

自分が書きたいだけで書いてるのであれば誰にも見られないように書けばいいと思います。

でもSNSもブログも誰かに見てもらうためにやっているはずなので、少なからず読みやすいように工夫する必要があり僕もできるだけ気をつけてやってます。

簡単なことなんですが、難しい言葉や漢字を使いすぎない。できるだけ短くわかりやすくまとめ、いいところで改行したりなど。

インターネットとはいえ、人間同士のコミュニケーションに変わりないので相手への最低限の配慮(マナー)として考えていきたいですね。

 

 

book

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

1985年・沖縄生まれ沖縄育ち 18歳から理容の業界へ入り、 2017年 那覇・新都心に美容室と理容室の複合店 hair&spa KO を開業 店舗をスタッフにまかせ barberブースを移転。 2020年12月にTime Hills barber shopをオープン予定